9月23日午前中に「ことわざ検定」受検の練習会が終わりました。

本番さながらに受検の注意事項説明を行い、きちんと時間を計って試験を受けていただきました。

試験前にトイレを済ませ、のどが渇いた人はお茶を飲み準備を整えての試験に、とても緊張しながら40分を過ごしたと思います。

中には途中で鼻水が出てきたお子さんがいて、ティッシュをとりにかばんのところへ行きたいといってきたのですが、試験中に席を立つとテストはそこで終了となる事も教えました。

非常に優秀なお子さんばかりでしたが、このような試験は始めての子ばかりで、いい経験をしてもらえたと自負しています。

「ことわざ検定」に合格すれば大学受験のみならず、中学入試の調査書などにも学校の先生を通して書いていただけるので、受けていて損はありません。

「ことわざ検定」本番は10月26日(日)朝10時30分~の予定です。

本日が申込みの締切りでしたが、9月25日まで申込みをお待ちする事が出来ますので、「申込みを忘れていた!」という方は、その旨メールでお知らせください。

10時30分からの試験は10級ですが、上のご兄弟などで上の級をお受けになる場合は時間を変えて受検していただく事も可能ですので、ご希望があればお申し出くださいね。

10級:小学1-2年生修了程度
9級:小学3年生修了程度
8級:小学4年生修了程度
7級:小学5年生修了程度
6級:小学6年生修了程度
中学受験を目指す人は6級取得までがんばるといいですね。
(5級は中学在学程度で高校入試問題に出されたものを中心に構成されています)

ことわざ検定といっても、ことわざだけでなく漢字の読み書き、ことわざ、四字熟語、慣用句などを中心に出題されるのでことわざ検定の資格取得の勉強は、国語力アップに非常に役立ちます。