大学受験が変化します。

2020年から文部科学省主導で、大学受験(特に英語科目)がかわります。

それを受けて、フットワークの軽い西大和学園が来年度の受験科目に英語を取り入れました。また、英検2級の資格を持っている小学校6年生は有利に受験ができるようになりました。

英語の受験科目は全員ではないにしろ、最難関校の一校といわれる学校のこの変化は、少なくとも私には大きな衝撃でした。

また、この動きは今後色々な学校に広まっていくと思います。

関西ではこれまで、『最難関を受けるなら算数に特化した勉強を』とうたわれ、算数の指導が優れている「浜学園」や「希学園」に通わせることが合格への近道とされてきました。

しかし、私大のみならず国立大学、東大・京大さえも推薦入試、特色入試、AO入試、一芸入試と入試の形態が様々になり、それぞれ個人のよさをはかるようになってきているのは事実です。

当然、中高一貫校は、その上位大学に合格できる素質を持つお子さんの選別できる入試をしてくるでしょう。ですから算数・数学のみならず国語を含む語学力、一芸といわれる突出した能力をさらに磨いていかねばなりません。

英語はこれまでのようなお遊び程度ではなく、学問としての力を。

また、国語は全ての教科につながる最重要科目ですから、その基礎をしっかりと積み上げなければなりません。

そういう意味で、今までは算数の指導がとても下手なので推薦しておりませんでしたが、日能研「灘特進コース」を男子が選択するのもありかなと思えてきました。(個人的な感想です)

(女子にはこれまでもお勧めしておりました)

国語の教科の能力アップには時間がかかります。

その国語の指導が素晴らしいのが関東系の塾である日能研灘特進コースです。男の子だけでなく女の子も入れます。

また、先日の浜学園3年生の公開テスト内容が、とてもひどいものだったのを見て国語の指導に不安を覚えた方もいらっしゃると思います。(ほとんど全員が出来るような難易度の低いテストだったようで、偏差値が出ず皆さんA判定という結果だったと聞いています)

そこで、メイン塾は指導に時間のかかる国語がしっかりした日能研灘特進コースのようなところ、算数は朝倉算数道場や算数ラボなど算数に特化した、最高レベルのことを教えてもらえる外部で強化する。という方法も考えるべきかと感じました。