先日来、在席生のがんばりを3回に分けて、ここでご紹介しました。

それをご覧くださった卒業生のお母様が、「いま、こんな風に成長していますよ」と、ご報告をくださったので一部ご紹介いたします。

あ、その前に卒業生の定義を。
パズルクラブの最終学年(小三か小四)まですごし、
ピグマリオンぷちもしくは実感算数のすべての教材を終えていること。
(大抵はココまで進むと、ゼットンクラスにまで進まれます)
3年生まで至らず退会された方は、途中退会者となります。

最後までやり通したその卒業生。

すこしゆっくりペースの性格で、のんびり過ごしておりましたので、少しせかすような声がけも多かったと思います。しかし、目を離して別のお子さんの指導をしているうちに、さらーっと難易度の高い問題も一人でやりこなす力はつけてくれていました。のんびりしながら、きいていない風を装いながらも、ちゃんと説明を聞いてくれている、そんなお子さんでした。

パズルクラブを卒業される際、進学塾の相談をお母様から受け、いきなりペースの速い大手塾に行くのではなく、丁寧に見てくださる小規模塾、または自宅から近いあそびの要素の多い塾をオススメし、その通りに進んでくださった事を覚えています。

アドバイスどおりメインの塾は、少し緩めのところをお選びになりましたが、浜学園で立ち位置確認だけはしておいてねと、季節ごとにでも浜学園の公開模試を受ける事もお願いしておりました。

そのお子さんが、高学年になりこれまで培った野太いパワーをようやく発揮し始めてきたようです。

浜で理科は100点の1位、算数の順位も両手ほどと言う上位!
国語に関しては、パズルクラブ時代から辞書に付箋の花を咲かせるほど、意味調べや漢字調べが得意ですが、記述や読解はまだゆっくりペースな部分があるのでしょうか、理科や算数ほどは点数を取りきれていないようです。

最近の浜の公開は、大体こんな感じで推移しているようです。

お母様は謙遜されて「まだまだこれからですから。ようやくやる気が見えてきたかなと言う程度です」とおっしゃいます。

嬉しい嬉しいご報告でした。
やはり、小さいうちに思考力をしっかり身につけることが大切なんだ、スピードは後から付いてくると講師の私に生徒が教えてくれました。

これまでの指導が間違っていないんだという、自信を与えてくれてありがとうね。

解法覚えトレーニングのようなインスタント偏差値ではなく、
本当の力をつけるための授業をこれまでどおり、これからも続けて行きます!

そして、そういう意味で、ピグマリオンは最高の教材です。
知れば知るほどピグマリオン教材の内容が、奥深く感じられます。
しかし他教室から移ってこられるお子さんを見ていると、その深い意味を感じ取りながら指導している講師はどのくらいいるのだろうかと、少し残念になりますが‥。