7月の終わりごろから、夕方になると頭痛がしたり食欲がなくなったり…。

熱中症かな?私は毎年のことなのですが、今年は特にきついです。

今は、教室がお盆休みで、この間に何とか体調を整えなければと四苦八苦しています。

 

夏バテ防止に効果的な食事の摂り方は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂るようにすること。たとえ少量でも質の良いものを食べることが重要ですね。ビタミンの中でも特に重要なのは糖質の代謝を助けるビタミンBなのでこれを積極的に摂りたいと思います。豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。枝豆がいいといわれますが、毎日ビールを飲む習慣もないですし…

 

そこで、米ぬかを利用することにしました。

ビタミンBが豊富な米ぬかには優れた成分がたくさんあるんですよ!コピーを貼っておきますね。

フィチン酸
フィチン酸からできる1、4、5-イノシトール三リン酸は、さまざまながんを予防する効果があることが明らかにされつつある。

イノシトール
フィチン酸からつくられ、脂肪肝や動脈硬化の予防、カルシウムの吸収促進、コレステロール血症の改善などに効果がある。

フェルラ酸
ポリフェノール類の一種で、抗酸化作用があり、大腸がん予防効果が期待されている。

γ-オリザノール
コレステロールを低下させるとともに、自律神経失調症、更年期障害、潰瘍などに効果があるとされ、治療薬としても使われている。

ダイエタリーファイバー(食物繊維)
整腸や老廃物排出の効果があり、不足すると心疾患や大腸がん、糖尿病などの原因になる。

植物ステロール
コレステロールの吸収を抑え、血中の悪玉コレステロールの割合を下げる働きがあり、生活習慣病の予防や排尿障害の改善に効果が期待される。

 

※参考:食品加工総覧 素材編・総論(谷口久次)

 

そこで、米ぬかふりかけを作っちゃいました。

材料は、米ぬか・あおさ海苔・小エビ・白ごま・塩

米ぬかは、フライパンで丁寧に炒って、あとは好きな材料を混ぜるだけ、カンターン♪

こんな感じで出来上がりました。ご飯にたっぷりかけていただいています。おいしいよ~

 

特製米ぬかふりかけ

米ぬかは、肌や髪にもいいんだって~

お塩はほかの材料よりも比重が重いので、容器の中を時々かき混ぜて召し上がれ。

米ぬかを買う場合は、必ず「食用」として売っているもの(たまに肥料用のものがある)を購入してください。毎日精米しているところなら新鮮な米ぬかを安価で譲ってくれますよ。私は甲南山手駅のセルバ1階中央にあるお店(店名忘れました!)で、購入しました。そちらのお米は減農薬のものなので安心ですし、その日に精米した新鮮な米ぬかを販売されています。

お塩も重要なポイントですが、我が家はいつも「極楽塩」という塩を使っています。サラサラでおいしいお塩です。

純金箔含有と書いてあるのですが、どこに入っているのか全く見えないですけどね。小さいサイズのものには金箔がたくさん入っているのが見えました!おいしいのでお勧めです。