このところ2連続で、小学校受験の情報を書きましたので

「パズルクラブは、小学校受験を目的とした教室ですか?」という問い合わせをいくつかいただきました。

答え-No.

パズルクラブは才能ある子どもたちを、賢い人に成長させたい、そして人生を豊かに過ごしてもらいたいと願う一心で運営している教室です。

ですから、小学校受験、中学校受験そして高校受験とバラエティに富んでいます。

どの生徒も、学ぶだけではなく、学んだことを生かして考え、自ら行動できる人になってほしいと思っています。

 

開室当時より、一番多いのは中学受験を目指すお子さんです。

ですが社会に出ると、小受、中受、高受組の別なく、みんな一緒に働くことが多いですね。パズルクラブの教室でも、受験に関係なく入り混じってお勉強しているクラスがほとんどです。(小受特訓授業は別)みんなそれぞれを称えあって仲良くその才能を伸ばしています。

 

ちなみに、「才能」は、どのお子さんも持っています。その才能を見極め伸ばしてあげることが大切かと思います。

「才能ある子」=「特別な人」ではありません。

受け取る側の心次第で、子どもたちの才能は長所にもなり短所にもなります。周りの大人はいつも子供たちの「いいところ探し」をしてあげるのが、子育て、生徒育てのコツだと思っています。そのうえで「人として、してはいけないこと」は、さっと短くエネルギーを込めて叱ります。そうすれば子どもたちは、こちらが伝えたいことをしっかり感じ取り理解します。

さあ、今日寝る前に、お子さんのいいところを一人につき3つずつ考えてから眠りにつきましょうか。3つ言えなかったら、明日から良いところ探しをしてあげましょうね。