小学校・中学校・高校・大学、どの受験でも受験本番の前に「模試」というものを受けます。

理由は簡単、受験者全体の中の自分の立ち位置を確認することですね。

ただし、小学校受験の場合はもう一つ大切な目的があります。

それは、初めての場所あまり知らない場所でテストを受ける経験を積むことです。

大きくなれば初めての場所でも平気になるでしょうし、テストそのものも学校はじめいろいろな場所で経験を積んでいきます。

でも、小学校受験に関しては「場所見知り」「人見知り」の問題があります。幼児のお子様ですから、まだまだテストそのものの経験も浅いです。

慣れさせる目的で受ける模試は、模試の会場や会社、塾を変えましょう。第一志望校が模試の会場になる場合は、是が非でも受けさせたいものです。

立ち位置を確認するには、大手の塾、受験者が多い模試がいいのですが、場所見知りをするお子さんに限っては、いろいろな場所でテストを受ける経験をたくさん積ませてあげてください。

いつしかお子さんは、場所見知りを克服し、本番では実力を発揮できるようになるでしょう。

順位にばかりとらわれず、お子さんの状況を把握し何か問題があればそれを克服できるようにしてあげるのが親御様のお仕事です。いつもと結果が全然違う場合にはよい時も悪い時もそれがなぜなのかを突き止めておきましょう。講師に相談していただければ、一緒に克服法も考えられます。お子様とご家族とパズルクラブで足並みそろえて頑張りましょう♪