今年も11月3日(文化の日)がやってきました!

甲陽学院中学の文化祭です。

今年は、ちょっと趣向が違います。

いつもは「音楽と展覧の会(音展)」は、同日行われますが、今年は講堂建て替えのため使えませんので、音楽会は10月31日(月)西宮のアミティホールでおこなわれました。

ピアノやチェロの独奏、連弾、三年有志のリコーダー演奏に始まり、クラスごとの器楽合奏と、たおやかでかつ迫力のある時を過ごせました。

この音楽会の様子は、展覧の会(11月3日)に図書室で上映されるそうです。

さて、いつもなら音楽会と展覧会を同時進行するので、出来なかったことが今年はできます。

体育館で体育部会のアトラクションが、いつもは午後のみだったのが、今年は午前中から開催されます!新しくコーナーが三つ増えているらしいので、小学生の皆さんがより楽しめるようですよ。

小学生の皆さんに是非とも参加してほしいところがもう一つ。

歴史教室で行われる「甲陽体験の場」 一日生徒証を作ってもらえたり、憧れの制服を着てみたり出来るようです。是非保護者の方は、写真をとってあげてくださいね。甲陽の制服は、生地から縫製までとても質が高いです。それは、制服にとどまらず、体操服などにも言えることなんですが、是非手にとって「これを着たい」と思っていただければ嬉しいです。

スタンプラリーもありますよ!今年は例年より賞品が豪華だそうです。(来年100周年というのと関係があるのかな?)

また、今年の一年生は、はりきり坊やが揃っているようで、意欲的に取り組んでいます。

例えば、従来のサブカルチャー同好会に加えて、一年生8人だけのアニメ研究会の展示もあるようです。サブカルチャーは少しディープな内容で玄人好み、アニメ研究会は有名どころをおさえているともっぱらの評判です。

同じく一年生が作った『甲陽カルタ』。甲陽の意外な姿を知ることができるんですって。柔道場で行われます。

入学希望者の保護者の方におすすめなのが、今年もやります『Public Speaking』。集会所で行われる英語の発表会です。ほとんどの生徒が中一から英語を学び始め、どのくらいのレベルに達しているか、その目で確かめていただけます。

私は去年見てみて、発表するのはオーディションで合格した選りすぐりメンバーですが、それでもたった1~2年で、ここまで上達するのかと驚愕しました。去年は甲陽学院OBでプリンストン大学に進まれた先輩からのビデオレターもありました。甲陽の英語教育の力を見ることができると思いますので是非ご参加ください。今年は、新企画(お笑い系?かな)も追加されているようで楽しみです。

他にも従来どおりの楽しめる展示や、生徒の学習成果、ステンドグラスや装飾の数々もあります。

物理部ではホバークラフトに乗れますよ。

生物部では、ニワトリ、カエル、マウス、イカの解剖をし、体の構造をご覧いただけるようですので、将来外科医になりたい方は是非。

化学部では、演示実験で色がかわるとか、光るとかいろいろ見せてくれるみたいです。

9時過ぎのオープニングイベントでは、ミニコンサートもあります!

食堂は10時~14時半まで開いていますが、11時から13時の間は生徒も使用しますので、この間は少し席をお譲りいただけると助かります。

入学願書は、東校舎1階事務室で販売しています。

普段はぶっきらぼうな中学男子たちですが、受付案内の係りは「笑顔で精一杯対応」すると宣言しています。校内でわからないことがあれば、受付担当だけでなく制服を着た生徒誰にでも声をかけて訊ねてくださいね。しどろもどろかもしれませんが、一生懸命お役に立とうとするはずです。

午後3時まで開催ですので、お早めにお越しください。ではどうぞ、男子も女子もお楽しみください。

甲陽学院は中高一貫教育ですが、中学と高校は別の地域であるため、中学の文化祭は中学生の力だけで自主運営されています。保護者も何も手伝いません。保護者主体のバザーもありません。そういうわけで他の中高一貫校と比べて、もどかしかったり、幼く感じたりするところがあるかもしれませんが、どうぞ温かいまなざしで見てあげてくださいね。

前日の夕方5時現在で光庭に飾る予定のデロリアンがまだ出来上がっていません!!!明日までに出来上がるのか(汗;)ステンドグラスもまだ!大丈夫なのか!?ガンバレェー