「内申点」という言葉、一度は聞いたことがあると思います。

高校受験で、「学区最難関校に学校から推薦してもらおうと思ったら、内申点が取れていないとだめだ」とか、「副教科も対象になるから、うちは絶対無理~」などという声も、巷でちらほら聞こえます。

で、実際その内申って、どのように評価されるのでしょうか?

 

内申とは、高校受験を控えている生徒が「在学中どのような学校生活を行ったのか」や「どれくらい意欲的に学習に取り組み、どれだけの理解力を有しているか」を、その生徒が受験する学校に先生が提出する書類のことです。

内申点は中1から中3までの9教科の合計点です。

内申点の評価の対象として、「定期テストの点数」「小テストの点数」「授業態度」「提出物(期限厳守)」「挙手回数」「忘れ物」の回数等があげられます。

定期テストの点数の比重が1番大きいのですが、他の項目も各教科ごとに事細かくチェックされます。

定期テストを90点以上と高得点をとっても、提出物などを怠けた場合、10段階評価の6になる場合もあります。

テストの点数はいいとしても「授業態度」「挙手回数」「忘れ物」などというところは、多分に先生の主観が入るところですよね。その不透明さから「高校受験回避のための、中学受験」という選択をされる方も多いと思います。

でも、評価対象の中身は、中高一貫校に進んだ生徒も心がけたいことばかりではないでしょうか?要は授業に積極的に参加していくことです。日々の授業をしっかり聞いていると、理解度も深まります。また、興味もわいてきます。自分にプラスなのです。充実した中学校生活を送るため、前向きな気持ちで授業に参加していきましょう。