昨日、新教材の説明会にお越しくださいました皆様、ありがとうございました。

たくさんの方に、参加していただき、立ち見になってしまった方もいらっしゃり恐縮しております。

新教材は、高難易度となりますが、テクニックや公式覚えの内容ではなく、本当に幼児・児童の年齢の時にきたえるべく部分を刺激できるものとなっていると自負しています。

また、年齢通りに進める教材と、個人に合わせて進度を変えられる部分を合わせているので、教室でグループ授業を受けながらも一人一人の理解度に応じてカスタマイズできるようにしました。

ご参加くださった方から、お礼のメールをたくさんいただいています。

いくつかご紹介させていただきますね。

「本日はありがとうございました。
それぞれの教材にとても意味があり、年長の教材が本当に重要なことがよくわかりました。
ついていけるかが問題ですが、パズルクラブと巡り合えて、本当良かったと思いました。
音読大事なんですね〜全然知りませんでした
また、来週の授業よろしくお願いします。」

「本日は説明会どうもありがとうございました。

息子は、最強のカリキュラムを前についていけるかとても心配になりました。。。
年長さんの9月までのカリキュラムも盛り沢山で、きちんと習得しながら秋を迎えられるか不安になりましたが、基礎を固めながら、なんとかしがみついてでも学習させて高い能力を備えられるよう頑張りたいと思います。」

「本日は、新教材の説明会に参加させて頂き、とても分かりやすく、丁寧に説明してくださり、ありがとうございました。

また、慈愛と慈悲のお話も感動致しました。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。」

つたない説明で、もどかしく思われた方もいらっしゃると思いますが、受け手側の皆様が素晴らしく、私が申しあげたいことをきっちりとキャッチしてくださいました。教材の難易度は高いですが、必要以上に頑張らせたりしなくても自然と学べるようになりますよ、ご心配なさらないでくださいね。

これからも、保護者の皆様とご一緒にお子様の成長を促すことができることを幸せに思います。

お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました。

(講師の皆さんも、お手伝いをしていただきありがとうございました)