今日、うれしい小学校受験・合格のご報告を頂きました。

受験直前にも「僕ちょっと、ハサミが苦手なんだ‥」とつぶやいていた男の子です。
この発言は、「上手にできない」ということよりも「苦手意識を持っている事」にご家族ならドキッとするかも知れません。
しかし、視点を変えれば「自分を客観視できている」という意味で、わたしは素晴らしいなと思って何もふれずに見守り、淡々と練習をしてもらいました。
もちろん教材はピグマリオンのものです。私が見る限り男の子らしい大胆さはありますがハサミも折り紙も上手に出来るようになっています。

そうそう、隣で一緒にパズルのお勉強をしていたおともだちも、「○ちゃんできてるよ」と、声をかけていて、ほほえましくて思わず「二人は大人になってもいいお友だちでいてね」とお願いしたことがありました。

それにしても、年少さんのころからパズルクラブに通っていただいている、可愛いかわいい坊ちゃんだった子が、男子95名中の11名合格という狭き門を通過したことに喜びを隠せません。
また、お子さんに合うと思われる1校のみを受験され、見事に合格を引き寄せた親御様にも頭が下がる思いです。

そんな彼の素敵なところは、明るい性格です。

この1年くらいで、男の子特有の明るさと発言がどんどんと身についてきたようで、授業中も結構笑わせてくれました。そういう性格もプラスに働いたのだと思います。
今年、パズルクラブの生徒さんで小学校受験をされた方はお一人のみ。
パズルクラブは、小学校受験の教室ではありませんが、第一志望校合格率100%を今年も更新しました。
(一人だけで100%というのは大げさと思われるかもしれませんが、過年度も含め受験された全てのお子さんが第一志望校に合格されています)

合格の報告を頂くたびに『パズルクラブの指導の方向性は間違っていない』と確認できます。
ありがたいことです。
生徒の皆さんの合格で、本当に励まされているのは私をはじめ講師メンバーかも知れませんね。

合格のご報告をいただいた○ちゃんとご家族様、
お疲れ様でした。そして、本当におめでとうございます。