こんにちは

最近、教室のことばかりを書いていて、ブログをご覧いただいている方から「甲陽学院の話を楽しみにしているが、最近、甲陽ネタが少ないですね」というお叱りを受けたので(笑)甲陽学院中学校のお話を。

今週の13日(火)が体育祭でした。(休日の日ではないのですね~。高校になると平日にお仕事をされている方も行きやすい日程になると聞いています)
ひたすら、走る(短距離・長距離)引っ張る(大綱引き)倒す(棒倒し)などが主体の演目で、技的なものやダンスなどはありません。そしてリレーや綱引きは先生チームも本気で生徒たちの前に立ちはだかり、簡単に勝たせてはくれません。(保護者は、先生方が本気で戦ってくださることに、本当に感謝しています)

その時に、お友達のお母様から教えていただいた、驚きの事実を今日はこっそり教えちゃいましょう。

甲陽学院中学の数学の進度は、かなり早く深いと有名です。英語のほうは算数ほどでもありませんが、やはりかなりのものです。
中学の間は、英検の取得を推奨され、2年生の間に英検1級を取得している生徒が何人もいます。
そして、今年の夏はそのメンバーの中からEFチャレンジという英語の国際スピーチコンテストで、中学生という最年少ながらニューヨークへの招待をつかんだ人がいます。(対象は、世界中の高校生と英語教師)
こういうことを、学校はあまり宣伝に使ったりしないんですよね~。在校生でもあまりそういう情報が入ってこないので困ります(苦笑)

今夏、アメリカニューヨークでの健闘を、心から応援しています!
皆さんも、一緒に応援してくださいね♪