先日、生徒のお母様から【家庭学習の仕方】について、ご質問がありましたので

個人的にもお応えしたのですが、こちらでも提案させていただきますね。

宿題をし終えたあとするものが無く、計算力強化のために別教材を家庭でしたほうが良いかどうかというご質問でした。

その方にお送りした返信メールに少し手を加えたものを、転記しますね。

以下、私の回答です。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

別の教材を取り入れるのではなく、時間的余裕があれば、やり終えたプリント
をジャンル別にファイルして、毎日朝の5分くらいで全プリントを眺めてください。

そのとき、「アーこれはこうやって解いたな。」とか、「これは得意だな」という感じで
授業を思い出しながら見てくれるといいかなと思います。

そして、パパやママに時間的余裕があれば一緒に眺めてもらって、「これは良く
出来たな~」とか、「こういう難しいのに取り組めるようになったのね!」とか、声を
掛けてあげるといいですね。

毎日同じところをほめても良いですよ。
「またパパ(ママ)おんなじことばっかり褒める~」と○○くんがあきれる位でもいいのです。
その分野は、必ず「得意分野」になっていきます。

算数が得意な子は、そのこと(算数)を考えるのが大好きで、しょっちゅう算数
の事を考えています。

例えば、あそこの丸いところは「半円かな」とか、
「今日は家を、7時28分57秒に出よう」と、時計とにらめっこするとか、
「宿題21枚を6日間で終わらせるには一日何枚しないといけないかな、毎日4枚やったら最後の日は1枚で良いや、ラッキー」とか、
日常生活の中に算数がたくさん転がっているのです。

これが、アイドルが好きな女の子ならばスキマ時間にアイドルの事を考え、
実験が好きな子は実験をした時の事を思い出しているのと同じです。

まだ、算数好きとはいえない○○君ですが、算数好きなお子さんと同じ状況に持ってい
けばいいのです。つまり、算数の事をしょっちゅう考えさせて、そのときの印象が楽しくなるように雰囲気作りをする。

別のプリントを大量にこなす(算数嫌いになる確率高い)より、算数好きになる
と思いますよ。

好きになったらしめたもの!
勝手に算数ができる子になります♪

最初は一日5分かけていても、だんだん1分とか7秒ぐらいでも効果が出るようになってきます。一人で算数の事を考えるようになりますから。

前回学んだ事を確実に定着させると同時に、算数好きにする一つの方法でした。

ご参考までに‥