こんにちは

 

BVT教室(バランス&ビジョントレーニング教室)をスタートして2週間ほどが経ちました。

BVトレ(ビヴィトレ)だけご受講の方、パズルクラブの授業+BVトレ30分の方と、BVトレのレッスンの取り方には2種類ありますが、うれしいのはレッスンを受けられた皆さん「楽しいぃ!習っているおけいこの中で一番好き」というお声が多いことです。

 

実際私もやってみて、目の運動だけではなく、BVトレ教室ならではの目と体の協調やボディイメージなど、とても楽しく感じます。

そして、ほかのことの成果が上がっていっているのも、やる気をどんどん向上させる効果があるんだろうなと思います。

 

わが子でいえば、なんと左目がつかえていなかったことがBVトレのレッスンで分かったのです。

視力はよくないほうですが、検査で普通に視力が出ます。本読みは速読で、小学校時代は学校の図書室にある本は、辞書系以外ほとんど読破しました。ストーリーも聞けば全部答えてくれます。

その子が、左目がつかえていなかったとは!驚きです。

しかし、左目を上手に使えるようにトレーニングをしたおかげでしょうか、今まで非常に苦手としていた化学のテストで学年末に満点を取ってきまして、「えっ、もしかして今まで見えていなかったのが原因だったの?」これまた苦手な国語も今までになく良い点数を取りまして「やはり、目が原因?」と、なんとも複雑な気持ちになりました。

私は、学生時代「化学」を大好物としていたので、わが子が化学ができないことに、叱りはしませんが、目の前でため息をついたりあきらめの表情で無言のプレッシャーをかけていたと思います。悪かったなと、母として反省しています。

 

日本のビジョントレーニングの第一人者の一人、北出勝也先生のトレーニングを受けているボクシングの村田諒太選手はじめ、サッカー選手やプロ野球選手、ラグビー選手などスポーツ界ではパフォーマンスを上げるために取り入れている方が多くいらっしゃいます。

しかしスポーツだけでなく、「視る」ことに関係するすべてに効果があるんだなと感じました。

そのうえ「楽しい!」これが一番いいことですね。

BVトレのレッスンの前後にパズルクラブで授業を受けている生徒さんは、すでにどんどん向上しているので、その効果が表れるスピードにも驚いている次第です。

 

また、いいご報告がいろいろできると思います!お楽しみに。

 

 

(WEBニュースより)

難関のミドル級で初防衛、日本リングを照らす村田諒太

 力強く、しかも巧みな一撃で、世界チャンピオンらしい実力を見せつけた。世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)は4月15日、横浜アリーナ(横浜市)で初防衛戦に臨み、同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)に8回TKOで快勝した。試合後は、米国の大物プロモーターが村田をミドル級の3団体統一王者と対戦させる構想も披露。減量トラブルで競技イメージの低下が懸念される日本ボクシング界に、明るい話題をもたらす貴重なスターだ。(読売新聞運動部・松田陽介)