数値が高いほど知能が高く、低いほど知能が低いことをあらわすIQを向上させる、いろいろな方法を紹介します。知能の促進やポンテシャルを上げる事は意外と簡単です。

1、的確な栄養を脳に与える
脳が効果的に機能するには、油性魚や魚の油から見つかったエイコサペンタエン酸(EPA)などの必須脂肪酸が必要です。もし、十分なEPAを摂取していなければ、脳が詰まり、機能不全を引き起こすかもしれません。またそのほかに、体と脳を正確に動作させるには、定期的な運動を続けることに加えて、新鮮な果物や野菜などの多種類でバランスの取れた食事を取ることが必要です。脳の神経ネットワークが90%ほど完成する6歳までは特に注意して、質のいい食べ物、栄養のある食事をさせてあげて下さい。

2、音楽を楽しむ
心理学者フランシス・ラウシャーと彼女の同僚は、モーツァルトを聞くことが、脳の神経信号を送信させ精神的な能力を上げる事を発見しました。また、他の研究によると、音楽のレッスンを受けている子どもは、音楽のレッスンを受けていない子どもに比べてIQテストで数ポイント結果がよかったそうです。音楽はストレスを減らし、リラックスや脳をもっと効果的に働く手助けをする効果があるとのことです。実際、パズルクラブの生徒は何かしら音楽を、個人的に学んでいることが多いです

3、頭の運動(パズルクラブ本部授業)
定期的に脳を動かし続けることは、脳の情報処理能力を自然に向上させます。例えば、クイズやパズルは、能力をチューンアップし、正常に動作させます。また、精神的なトレーニングは、約8%IQを上昇させることができるといういくつかの調査もあります。

4、十分な睡眠を取る
定期的な質の高い睡眠は、脳に欠かせないものです。もし睡眠を奪われてしまったら、誰もベストを尽くすことはできないでしょう。ロシアの科学者のドミトリー・メンデレーエフは、数時間もの間、周期表の要素を考えた夜にその答えを夢にみたそうで、やはり十分な睡眠をとるべきである。と、言っています。

5、前向きに考える
脳は、自分自身の行動やメッセージを記憶しているそうで、自分に「できない」、「疲れた」、「不安」、「恐ろしい」と言っているのなら、テストなどに失敗するかもしれません。脳は考えたことを体に信号として送り、体はそのように反応・行動していまいます。お母様の中でちょっとしたことでお子様に「できないね」「いやなのね」「つかれたね」と声掛けをしている方がいます。それは、子どもの成長を引き留める行為だと理解することが必要です。

6、適度な運動する(BVT)
運動は体にも精神にも、そして頭脳にもいい影響を与えます。ネズミでの実験ですが、運動をさせたネズミと運動をさせないネズミでは、海馬の大きさが2倍も違う実験結果があります。運動をさせたネズミのほうが記憶をつかさどる海馬が大きいということです。また、迷路の道順を覚える速さが、運動をさせたネズミのほうが、運動をさせていないネズミよりはるかに速かったそうです。

 

上記3と5、6は、パズルクラブで可能です。しかしながら1,2,4はご家庭でしっかりサポートしてあげてください。

 

お子様を賢い子にするには、ご家庭の協力が不可欠です。