謹賀新年

2021年、新しい年が明けました。

全ての桁をたすと「5」

今年は、Go❗と勢いのある年にいたしましょう。

私の勘(エビデンスはありますがここでは示しにくいので勘ということにしておきます。)ですが、コロナは1月末から二月にかけてがピークになるのではないでしょうか。それまでは出来るだけ遊びに出掛けるのは控えましょうね。

さて、今年4月からはBVT を大きく変化させます。

これまでも、きちんとBVT にとりくんで、生徒たちは大きく変化しているのですが、保護者様からご覧になって、それが年齢的な成長なのかBVT レッスンの賜物なのかが分かりにくかったと思います。

そこで昨年秋頃から、色々教材などを試行錯誤しておりました。そして、年末から新しいメンバーも加えて、北出先生のもとビジョントレーニングの学び直しもしております。

BVT (ビヴィトレ)は、北出先生のビジョントレーニング+鈴木のオリジナルトレーニングです。

鈴木が考案したオリジナルトレーニングの中には、実は武術の秘伝の形も入っております。もちろん形だけで、本当の秘伝の部分は明かしておりません。真剣に取り組めばある感覚が感じられるはずですが、まだそれを私にいってきた子はおりませんが。

また、この年末年始に素晴らしい出会いがあり、その方と私がこれまでいってきた話が、ぴったり一致しました。

例えば、鉛筆はなぜ人差し指の位置が大切なのか。→原始の時代から人差し指で人は地面や壁に物を書いてきた。人差し指を使うことは脳と繋がっている。という考え方や鉛筆を持ったとき、人差し指の延長線に鉛筆の芯がくるように持つ。等、全く同じ意見だったのです。

その他、私は数字を数える子は計算が遅い。パッと捉えることが大事だといっていますが、その方は、言葉を捉えるという方法で指導されています。

この出会いに、今ワクワクしています。

まだ、決定ではないのでこの位しか表現できませんが、その先生ともに作っていけば、日本の子どもたちを次々と大天才にしていけると確信しています。

英才学考パズルクラブの大躍進する一年となりそうです。

ご期待ください。

世の自称指導者の中には、誰かの考案を真似もしくは少し変化させて、さも自分が考え出したかのように振る舞う人が多くいます。

私は、自分自身で考案したものだけでなく人が考案したものはその方のご協力を得て、パズルクラブとBVT に集まってくれる生徒が最高のものに触れられるように努力しています。

オリジナルばかりにこだわっていては、それは実現できません。

そのような考えで教室を運営していますので、出版社や学識者、パズル作家、ある分野の日本の第一人者等、数々の方が関わり、協力してくださっています。

生徒の成長のため、関わってくださっている全ての方への感謝を、年頭にあたりあらためてお伝えいたします。

ありがとうございます。

そして、ご協力者の皆様、保護者の皆様、講師の皆様、何より通ってくださっている生徒の皆様、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は、今まで以上に生徒のレベルがガンガン上がります❗